新・深大寺のひとこと日記

男の着物とお仕事とお楽しみの記録です。過去の日記はhttps://8610.teacup.com/jindaiji/bbs

ちくちくギャラリー その3

2020.10.28 備後絣の接ぎ接ぎ半着。下前に使った反物を掛け衿にも使いたくて、節約の形。しっとり、秋の色合いかな?

2020.12.19 プレゼント用の女物長着。白地に水色の、これも備後絣。この色柄はさすがに自分ではちょっと気恥ずかしいので、若者に進呈した。

2021.2.23 サイコロのような四角が並んだ備後絣の長着。地の色の濃淡が違う2反の片身替わり。オーソドックスのようで、ひとひねりあるデザイン。

2021.3.10 赤茶色に小さめの水玉柄の久留米絣。渋いのか可愛いのか?反物では判断できず、おもしろそうなので買ってきた。仕立てたらやっぱり、可愛さが目立つ・・・ので、袖なしの半着にした。軽衫も作ったのだけど、自分より女性に似合うものになってしまった。

2021.4.27 水色地に紺のスリットのような備後絣と、白地に縞の綿麻の片身替わり長着。上前の衽だけ、白地の備後絣。涼しげなデザインになった。(深大寺さんらしくないと言われた(^^;)男女兼用の形。

2021.6.21 琉球柄と雪ん子の2種類の備後絣を接ぎ合わせた半着。琉球柄の反物を見た時、かなりビビっと来たのだが、作っているうちに、照れくさくなり(?)雪ん子で薄めてみた。まともに仕立てたらちょっと気恥ずかしいのだ。しゃれたデザインにならないかなあ・・・

2021.12.4 備後絣の端切れで作った、手提げポーチ。こういう風に使うと、琉球柄は輝くねぇ。入口はファスナーで開閉。しゃれたボタンは頂き物。ありがたい。

2022.4.14 幅5センチのテープ状の木綿をつなぎ合わせて作ったポケットつきベスト。頼まれ物。裏地には備後絣。慣れない形、しかもボタン。苦労した・・・・

 ということで、最近のちくちく作品集。このへんで。

 次は何を作ろうかな~~~???