新・深大寺のひとこと日記

男の着物とお仕事とお楽しみの記録です。ホームページはhttp://otokonokimono.style.coocan.jp/

ごがつびゃう

新しい一週間の始まり。

お仕事、ラストスパートでデッドラインがすぐそこ、なのに、作業的にはのーろのろ。まあ、なるようにしかならない。そんなことは何度も経験しているのでわかり切っている。けど、まあ、気持ちのいいものではない。オシゴトだと割り切って、進めるっきゃないわけで。

4年前の今頃。そろそろ、菖蒲の季節。

 

大人のクラブ活動

本日は、午後にコダレンジャーのダブルヘッダー!

ヤブーカ編!新エンディング。

まあまあ、まあ、無事に終了してよかったよかった(^^;

終わって打ちあがって酔っぱらって、さて、明日からまたお仕事再開

youtu.be

12日の編集版動画がアップされた。

アクシデントもどこへやら、おもしろいので見てね!!!

まあ、なんというか、オトナのクラブ活動みたいなもんかねえ。やりたいメンバーがやれる時にやる活動。ここまでやるか!というこだわりもまた、クラブ活動ならでは。

深大寺は音響担当。

 

畑日和

昨日は水曜日の援農ボランティア。大根の収穫、今期はこれで終了~

風はさわやか、日陰は涼しく、おひさまは暖かいがずっと日なたにいると暑い。まもなく梅雨。庭の梅の実も膨らんできている。

これから援農、行ってきます~の図。小平では、こんな姿は珍しくない(嘘)・・・

 

 

落語浪曲

本日はお仕事のあとで、夕方から浅草「浪曲火曜亭」へ。

「落語浪曲」というテーマでの2席。玉川奈みほさんと澤雪絵さん。曲師は沢村まみさん、沢村博喜さん。

雪絵さんの「死神」は、落語のように座布団に座っての高座。2代目広澤菊春さんを踏襲した形で。いつもの浪曲の形とは異なって、BGMつきの落語という雰囲気だった。

終演後はトークコーナー。なかなか聞けない「浪曲台本のギャラについて」貴重なお話が・・・(^^;

 

 

 

こだいら環境グリーンフェスティバル2024

 そして12日は「こだいら環境グリーンフェスティバル」の本番。

「環境」と「緑」に因んだストーリーのショーを上演。タイトルは「未来からの挑戦!2024」。7年前の産業まつりでのショーを改訂しての再演。

終了後の記念撮影。セルフタイマーのタイミングが合わなくて、ポーズを決める1秒前の姿(笑)。

予期せぬアクシデントもあったが、なんとか最後まで駆け抜けた。ライブってのは、毎回、奇跡ですな・・・

公開版の動画、お楽しみに~。

帰宅して、小平市の姉妹都市である北海道の小平町の物産コーナーで買って来た珍味で乾杯~。

8月は、また「小平町産業まつり」に行きたいものだ。